かじりブログ

Obsidian vscode拡張機能について公式サイトで調べた

by
Cover Image for かじり
1 min read
Cover Image for Obsidian vscode拡張機能について公式サイトで調べた

みなさんこんにちは、かじりです。今回はvscodeで使えるobsidanの拡張機能を、Obsidanの公式サイトのフォーラムやObsidianの公式サイトのgithubリポジトリから調べてみたので共有したいと思います。

VSCodeの拡張機能ストアでObsidianを探す

VSCodeのMarketPlaceでObsidianを検索してみましたが、カラーテーマが9個、BlockChainの拡張機能が1個見つかるのみでした。もう少しうまく検索できそうな気もしますが、自分は見つけることができませんでした。調べた時の画像が以下です。

search-obsidian-in-vscode-market-place

Obsidianの公式サイトのフォーラムのVSCode拡張機能の話し合い

Obsidian公式サイトのフォーラムで「Obsidian as a VSCode extension(VSCode拡張としてのObsidian)」という記事でのObsidianの開発者の方の発言からの引用です。

Like others said, VSCode can do some heavy lifting for us, but it have many limitations. Some of them are listed here: https://github.com/svsool/vscode-memo/issues/1#issuecomment-655004112 (I’m sure you’ve already read that). We’re not considering making Obsidian into a VSCode, especially with its current scope. Further discussion is still welcome, but I’m archiving this so we’re not implementing it.

他の人が言ったように、VSCodeは私たちのためにいくつかの重い仕事をすることができますが、多くの制限があります。そのうちのいくつかをここに列挙します。https://github.com/svsool/vscode-memo/issues/1#issuecomment-655004112 すでにお読みになったと思いますが)。 我々はObsidianをVSCodeにすることは考えていません、特に現在の範囲では。さらなる議論は歓迎しますが、実装しないためにこれをアーカイブしています

また、引用文章内部のリンク先からも引用します。

Image preview on hover for images with UNC paths does not work with Windows due to VSCode CORS settings, but local paths should work just fine

Windowsでは、VSCodeのCORS設定により、UNCパスの画像のホバー時の画像プレビューが動作しないが、ローカルパスであれば問題なく動作する。

Better search. Built-in VSCode search is not nearly as good as it could be in case of the knowledge base

より良い検索。内蔵されているVSCodeの検索機能は、ナレッジベースの場合ほど優れているとは言えません。

上記を抜粋すると、Obsidianの開発者の方がVSCodeの拡張機能としてのObsidianという記事でObsidianをVSCodeにすることは考えていないという発言をしています。また、githubのissueでは具体的に問題となる箇所があげられたようです。しかし、現在の範囲ではというような発言もあるので、もしかすれば可能性はあるかもしれません。

Obsidian公式サイトのフォーラムで見つけたVSCodeの拡張機能

Obsidian公式サイトのフォーラムで「Obsidian as a VSCode extension(VSCode拡張としてのObsidian)」という記事でMemoというVSCode拡張機能が紹介されています。機能としては[[]]形式でのlinkに対応していて、ファイル名の変更でノート内のリンク名の変更にも対応、ファイル名にホバーでノートをpopup表示できるなど、Obsidianに近い使い方ができそうです!
また、上で紹介したgithubのissueがMemoの開発リポジトリのissueでした。

Memoのリポジトリの引用です、

Inspired by Obsidian.md and RoamResearch.

Obsidian.mdとRoamResearchを参考にしました。

どうやら、MemoはObsidianとRoamResearchを参考に作られているようです

Obsidianを探しているときにRoamResearchも見つけたのですが、Obsidianが無料で使うことができたので、Obsidianを試してみたらいい感じで使えたのでそのままObsidianを使い続けています。

参照

こちらの記事も参考になるかも知れません

O
bsidianの使い方
O
bsidian MOCの使い方 第1話
O
bsidian MOCの使い方 第2話
O
bsidianのiosとandroidのモバイルアプリが公開された

あとがき

今回はVSCodeのObsidian拡張機能についてでした。ちょっと調べた感じ、このgithubアカウントの方が、Obsidianをメインで開発しているように見えるのですが、類似点として、アカウントの画像が同じである、Obsidian公式のTwitterのリンクがgithubに貼り付けてある、Obsidianのgithubを見るとコミット数が一番多いということしか見つけられず、確定ではないけど多分この人だろうなっていう感じでした。
どうやら、Obsidianの公式サイトを見るとAndroid StoreとApple StoreでAndroidのアプリとiPhone(ios)のアプリがPrivate Betaで公開されているようです。
公式サイトのリンクによると

The mobile beta is currently only available to holders of the Catalyst license.

モバイルベータ版は、現在Catalystライセンスをお持ちの方のみご利用いただけます。

とあるので、Catalystライセンスを持っているとダウンロードできるようです。

みた感じ1回払いで$25でライセンスを取得できそうです。Obsidianのスマホ版アプリに興味のある方はよく検討して使ってみてもいいのではないでしょうか。